(C) Okamoto Cardiovascular Clinic

MENU
予約
Web問診

ブログ

Blog

心不全の進行度について

心不全の進行について 心不全のこと、知っているようで知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。心不全では早期発見・早期治療がとても大切です。 心不全をご存知ですか? 言葉として聞いたことはあっても、心不全がどんな病気なのかはよく知らない…。そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。心不全とは、「心臓が悪いために、息ぎれやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」です1, 2)...

右心不全と左心不全

心臓の左側部分に入ってくる血流が停滞すると、肺にうっ血が起こり、呼吸が苦しくなります。反対に、心臓の右側部分に入ってくる血流が停滞すると、体のあちこち(脚や肝臓など)でうっ血が起きて体液がたまります。心不全は通常、心臓の左右両側にいくらかの影響を及ぼしますが、片側により強く影響が出ることもあります。そのような場合は、右心不全あるいは左心不全と呼ばれることがあります。 心不全になると、心臓が全...

心不全について

心不全は年齢を問わず発生し、幼い小児(特に生まれつき心臓に異常がある場合)にも起こります。しかし、高齢者は心不全になりやすい病気(心筋を損傷する冠動脈疾患など)や心臓弁膜症をもっている可能性が高いため、他の年齢層よりはるかに多くの人でみられます。また、加齢に伴う心臓の変化により、心臓の機能が低下する傾向もあります。 米国では、心不全は約650万人にみられ、毎年約96万人で新たに発生しています...

淡路島の心不全について

皆様、心不全という言葉をお聞きになったことがあると思います。簡単に言いますと心臓の機能が落ちて様々な症状が現れる状態を言います。 日本は世界でも先端を行く高齢化率の高い国です。その日本の中でも淡路島は高い高齢化率となっており、20年後の日本を反映すると言われています。高齢化率が高くなると心不全の患者さんが多くなり、新型コロナウイルスでも有名になった「パンデミック」という言葉が用いられ、心不全パン...

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。旧年中は地域の皆様のお陰で無事開業することができました。本年もよろしくお願いします。 年始は1月4日より通常診療を行なっております。何かお困りの際は気軽にご相談していただければと存じます。 開業時に当院に通院中の方からいただいた木彫りのフクロウも、獅子舞と門松とともに新年の装いを纏って皆様をお出迎えしています。 心リハスタジオのサロン脇のガラス窓にも新年の...
1 2 3
pagetop