(C) Okamoto Cardiovascular Clinic

MENU
予約
Web問診

心臓リハビリ

Medical

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは、心臓病の患者さんが体力を回復し、再発・再入院・死亡を減少させることを目指して、患者さんの快適な家庭生活や社会生活への復帰を実現することをめざして行う総合的活動プログラムのことです。心不全、心筋梗塞、狭心症や心臓手術の後の患者さんは心臓の動きが低下しています。

また、運動機能や身体調整の動きも低下しています。そのため、心臓に負担がかからないように、徐々に運動量を延ばす必要があります。

しかし、徐々に運動量を延ばすといっても、どの程度活動すればいいのかわからず、不安もあります。心臓リハビリテーションは、患者さん一人一人の状態に応じたプログラムで、生活指導を行っていきます。

心臓リハビリテーションの保険制度

医療保険制度の適応される対象疾患は、定められています。
保険適用の期間は心臓リハビリテーション開始から150日です。

適応となる心臓病

  • 急性心筋梗塞
  • 狭心症
  • 開心術後
  • 慢性心不全
  • 大血管疾患
  • 末梢動脈閉塞性疾患

心臓リハビリテーションの運動内容

  • 基本的な歩行や、自転車漕ぎなどの有酸素運動(持久性運動)
  • 椅子からの立ち上がりや、つま先立ちなどの筋力トレーニング(低強度レジスタンス運動)

心臓リハビリテーションの効果

  • 心臓リハビリテーションを行うことで運動能力が上がるため、息切れなどの心不全の症状が軽くなり、楽に動けるようになります。
  • 精神面でも自信がつくことで、不安やうつ状態が改善します。
  • 心不全悪化による再入院や死亡の危険性が減ります。
  • 動脈硬化の元になる冠危険因子が改善します。
  • 血管が広がる能力や自律神経の働きが良くなります。
pagetop